顔型によって似合うフレームの形は違う

メガネを購入するとき、特に考えることなく自分の気に入ったデザインのものを選んでしまうという人も多いかもしれません。本人が満足しているのであれば、それでもいいのですが、好きなデザインのメガネが自分に似合うかどうかはまた別問題です。そこで知っておきたいのは、顔型によってフレームの形を選ぶという方法です。フレームの形には、丸っぽいものや角ばったものなどさまざまありますが、その人の顔型により似合うフレームの形というものがあります。顔型には、「四角顔」「面長顔」「丸顔」「三角顔」の主に4種類があり、フェイスラインにそれぞれ特徴がありますが、フレームの形は、そのフェイスラインの特徴とは逆のタイプを選ぶと似合いやすくなります。

スクエアタイプが似合う顔型とは

四角い形状が特徴の「スクエア」タイプのメガネが似合うのは、先ほども紹介した顔型で言うと「丸顔」になります。丸顔の人は、顔の横幅が広めで、全体的に丸みがあるのが特徴であり、柔らかい雰囲気を持っていると言えるでしょう。こうした丸みのあるフェイスラインの場合は、スクエアタイプのような直線的なラインのあるフレームを選ぶとメリハリが出ますし、見た目のバランスも良くなります。逆に、丸顔の人が、同じように丸みのある「ラウンド」や「ボストン」といったタイプのメガネを選んでしまうと、丸いフェイスラインがより強調されてしまうので注意が必要です。丸顔の人には、他にも「ウェリントン」という直線を含んだデザインのフレームもおすすめです。