面長さんはウェリントンとの相性が良い!

ウェリントンタイプと特に相性が良いのが、顔が面長な人です。面長な人でも目の下から鼻までの中顔面が長い人だと特に相性が良いでしょう。ウェリントンタイプの良いところは、フレームが大きく、存在感があるところです。そこで面長な人だとフレームが大きめなことで、目の下から頬骨までの部分を目立たなくし、面長感を減らせます。逆に面長でない人がウェリントンタイプのメガネをかけると、メガネが大きすぎて不自然になってしまうので、ウェリントンが似合うのは面長さんの強みと言えるでしょう。カジュアルでありながらスタイリッシュな印象を与えられるのがウェリントンのメリットであり、仕事・プライベートの両方で活躍してくれるはずです。

オシャレにかけるには髪型も大事!

メガネをかける際、髪型も大切です。そこでウェリントンタイプとの相性が良い髪型にはどんなものが挙げられるのでしょうか。まず男性の場合は、あえて前髪を上げるなどするのがおすすめです。頬骨の張りや、面長が目立つことが気になるかもしれませんが、ウェリントンはフレームが大きいので、顔の縦幅・横幅を目立たなくしてくれることから、あえて前髪を上げてみると良いでしょう。女性の場合はあえて両側の髪の毛を耳にかけてみるのがおすすめ。男性と同じく、ウェリントンは顔の横幅をカバーしてくれるので、頬骨の張りは気になりません。それに、髪の毛を耳にかけることで、顔周りがすっきりし、きりっとした大人の女性の印象を与えてくれます。

四角い顔の人はオーバルフレーム、丸顔の人はスクエアフレーム、面長顔の人はウエリントンフレームの眼鏡が推奨されています